弁護士に相談する

弁護士保険会社との交渉など自分でできる、と思ってしまう方も多いですがこれも注意が必要です。交通事故について熟知している方、保険会社に勤めていた方だとそれも可能かもしれませんが、一般の素人に保険会社と交渉するようなことはまず不可能です。

保険会社もプロですし、少しでも示談金を少なくしたいと考えています。示談金を少なくできればその分会社の利益になりますから、できる限り支払う金額は少なくしたいと考えているのです。そのためにさまざまなことを言ってきますし、この金額が限界のような口調で示談金を提示してきます。

これに対抗するには弁護士に依頼するしかありません。弁護士に相談して依頼することで示談金をアップさせることも可能ですから、まずは弁護士に相談することを考えましょう。今では交通事故の被害に遭ったらまずは弁護士に相談するというのがマストになってきていますし、自分で交渉しようなどとは考えず最初から弁護士を頼ったほうが最終的に損をせずに済むでしょう。弁護士に相談するときにはできるだけ交通事故問題に強い弁護士を選べばいいですし、こうした交通事故問題に関しては無料で相談を受け付けているような法律事務所もあります。

推奨サイト交通事故の発生から示談までの流れ | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所


関連記事

  1. 交通事故の示談
  2. 物損事故で届けないこと

物損事故で届けないこと

交通事故交通事故における示談は事故が起きてすぐから始まっていると認識すべきです。実際には話し合いなどはしていなくても、事故が起きてすぐの状態から示談は始まっていると考えて行動することが大切ということです。

意外と多いのですが、事故に遭った直後には体に何の痛みもないため物損事故で届け出をしてしまうケースがあります。特に痛いところもないし異常もないようだから物損事故にしておこう、と安易に考えてしまう方がいますが、これは大変危険なことです。物損事故として処理してしまうと後悔してしまうことになりますから覚えておきましょう

まず、物損事故として届け出を出してしまった場合だと請求できる示談金の金額が大きく下がってしまうというデメリットがあります。人身事故よりも物損事故のほうが示談金は少なくなってしまいますから、たとえそのとき体が痛くなかったとしても基本は人身事故として届け出るべきでしょう。また、物損事故で処理してしまうと実況見分調書を手に入れることができなくなってしまいます。実況見分調書は事故の内容を詳しく証明する書類ですから、これがないことには自分の言い分も通らなくなってしまいます。最悪不当な示談金を提示されることにもなりかねませんから注意が必要です。


関連記事

  1. 交通事故の示談
  2. 弁護士に相談する

交通事故の示談

交通事故被害交通事故によって受けた損害をお金で解決する方法が示談です。交通事故に限らず示談が行われるシーンは多々ありますし、裁判沙汰にしたくないときや隠密裏に処理したいときなどには示談が行われることが多いです。お金で解決と聞くと抵抗を感じてしまう方もおられるかもしれませんが、交通事故によって被った損害はお金によって償ってもらうしかありません。そのため、事故後の示談はとても大切なプロセスと言っても過言ではないのです。

交通事故における示談ではお互いの過失の割合を決め、それを基準として示談金を決める話合いをします。被害者にも幾ばくかの過失がある場合だと保険会社が交渉をしてくれるのですが、被害者に何の落ち度もないようなケースだと自身で示談をしなくてはなりません。しかし、多くの方は示談交渉などは初めてでしょうし、どのようにすればいいのか分からないという方がほとんどではないでしょうか。

交通事故の示談は一度きりですし、やっぱりやり直しということはできません。まずはここをしっかりと認識しておきましょう。一度きりの示談交渉だからこそしっかりと取り組む必要がありますし、失敗しないような交渉をしなくてはならないのです。ここでは、交通事故被害に遭ったときの示談の対応についてポイントをいくつかお伝えしたいと思います。今すぐには必要のない内容だとは思いますが、今後必要になることもあるかもしれませんからぜひ頭に入れておいてください。


関連記事

  1. 物損事故で届けないこと
  2. 弁護士に相談する